『対話式1対1ブース』の秘密

佐世保相浦校の星原(ほしはら)です。本日はネッツの1対1指導が行われている『対話式1対1ブース』について紹介します!

ネッツの1対1は、生徒と先生が向かい合わせではなく、隣り同士に座って行われます。これは間に机を挟まさないことで、心の距離が近くなり、質問しやすくなるといった効果があります。

また、机の幅は120cmに設定しているんです。これは、心理学的に膝を突き合わせつつ、近すぎず、遠すぎない距離なんだそうです!

またブースを区切るパーテーションも、座ったら目線が隠れ、立ったら全体が見渡せる高さに設定し、生徒が周りを気にせずに集中して学習に取り組める高さ、そして先生たちの目が行き届く高さになっているなど細かな部分にも気を配っています。

どうですか?勉強になりましたか?

またこれからもどんどん紹介していきます。

 

 

投稿者:saseboarea  投稿日時:2017/07/03