レポート第2回高校生イベント「人生の先輩と一緒に考えよう」

2015年12月13日、「1対1ネッツ」は、

「大学受験を考える会」のみなさんとコラボレーションし、

博多グリーンホテルにて

第2回高校生イベント「人生の先輩と一緒に考えよう」

を開催いたしました!

PC135184

2020年の大学入試改革。

そこで求められる力というのは、

①   知識・技能

これは、学校中心に塾、家庭学習で身につけることができる

従来の学力、そしてあらゆる基礎になる知識です。

 

そして

②   思考力、判断力、表現力(コミュニケーション能力)

これは、部活動、課外活動、対話式指導など、

あらゆる環境を通じて培われるスキルになります。

 

最後に、

③   答えの無い問題に対面し、解決するための能力

能動的に、協働性を持って取り組む姿勢、ものの考え方、です。

こういった能力は、実は学校や塾だけで身につけることには限界があり、

今回のイベントを通じ、そういった力を身につけるきっかけにしてほしい、

そのように考えて今回のイベントを実施する運びとなりました。

 

では、どのようにその考え方を学習したのでしょうか。

ここからは、当日の様子です。

 

 

1.元山先生からのイントロトーク

不動産業に従事する傍ら、過去学習塾で何百人という生徒を

合格へ導いた、教育のプロから、熱いメッセージ。

今回のイベントの目的、ゴールを伝えます。

社会に出たら、答えのない問題を解決していかないといけない。

ではどのような考え方で解決していくのだろうか。

 

PC135192

 

イベントは、参加者それぞれの自己紹介からイベントスタートです。

自己紹介は、隣り合う2人で、お互いの共通点探し。

これをすることで、初対面の人とのコミュニケーションで

大事な力を知ることができました。

 

PC135188

 

2.ゲストの城宝さんトーク

今回のイベントには、立教大学現役の4年生でありながら、

株式会社テーブルクロスという会社を立ち上げ、社長業をこなす

城宝さんを招待し、今の世の中で活躍するための考え方を学んでいきました。

まずは、城宝さんの自己紹介。

 

PC135196 PC135199

・幼少期〜大学までの歴史

どのような環境で育ち、どのように考え、判断し、生活してきたのかをお話しいただきました。

・今の活動へのきっかけ

大学の時にカンボジアへ行き、現実を知りました。

そして、「知ってしまった責任感」から、途上国の食問題について、

問題意識を持つようになり、大学3年の時に周りの人の応援もあり、

会社を興す決意をされます。

 

PC135204

 

話を聞きながら、生徒の皆さんは城宝さんのメッセージに

吸い込まれていくようでした。いろいろな気づきがあったようです。

そして、気づきは、ふせんに記載しながら話を聞いていきます。

 

PC135206

 

ここからは、訓練です。

グループワークその①

 

「途上国の食問題」という正解が1つでないテーマに基づき、

自分だったらどのように解決していくか

ロジックツリーを使ったワークを行いました。皆、真剣に考えています。

 

PC135209

 

個人ワークをしたのちにグループで簡単にディスカッションし

1名の学生に前に出てきてもらい、全体で共有しました。

 

PC135213

堂々と発表してくれました。

 

続いて、城宝さんトークです。

「途上国の食問題」を、城宝さんはどのように解決しようと考え、

アプローチしたのでしょうか。

ここからは課題に対する城宝さんのアプローチ

そして、株式会社テーブルクロスのしくみ、会社に込めた思いと狙いをあつく、

分かりやすく教えていただきます。

 

PC135219

 

ここで、休憩をはさみ、グループワーク②に突入です。

元山先生から簡単な振り返りがありました。

城宝さんの行動を分析しながら、何が彼女をこんなに活躍させているのか、

その理由を説明してくれました。

 

PC135224 PC135240

 

そして、それをもとに、

「充実した大学生活を送るには?」をテーマにグループワークを行いました。

自分の意見をきちんと発信し続けること

好奇心を大切にすること

何事もチャレンジすること

使命感を大事にすること

いろいろな気づきを得ることができました。

 

これらをもとに、では、自分は今日から何をしていくか、

全員に「行動目標」を宣言してもらいました。

 

PC135263 PC135267 PC135269

 

このイベントに参加し、それぞれ、新たな価値観に触れ、

普段接することが希少な考え方に出会い、刺激を受けてくれたようです。

堂々と、きらきらした発表が印象的でした。

 

人生を考えるこのイベントは、8月の1回目を皮切りに、

第2回目を迎えました。。

1回目の参加者は、2回目と会を重ねるごとに、

主体的に、自発的に参加しようとする姿勢が芽生えてきました。

また、初めて参加してくれたみなさんも、

会の初めと終わりで表情が大きく変わり、

貴重な時間だったと感想を口にしてくれました。

 

自分の人生は、自分で切り拓くものです。

その自覚とこれからの自分への期待感を持ち帰ってくれたなら本望です。

 

次回は3月にイベントを実施予定です。

今回の行動宣言をぜひ実践していただき、成長した姿を

春にまた見させてください!!

「1対1ネッツ」と「大学受験を考える会」は、みなさんの、

そして新しく参加いただく皆様の応募をぜひお待ちしています。

次のイベントにもご期待ください。

 

PC135277

広報担当 猿谷博史

 

 

投稿者:shimada  投稿日時:2015/12/25  エリア:イベントレポート